youtube動画のKPI設定

Youtubeに定期的に動画を公開されているお客様から、youtubeの動画の数値的目標はどうすれば良いかというご相談。

動画を公開して、再生回数、チャンネル登録者数などは増えているものの、どの数値に着目していけば良いか、分からず、更新しているスタッフもモチベーションも上がらず、惰性で更新してしまっているという状況のようでした。

 

目的の確認

まず、はじめにyoutubeで動画を公開する目的を確認しました。

  • サイトへの集客・誘導
  • ブランディング
  • 見込み客への情報提供
  • 知名度アップ
  • とりあえず…

など、youtubeに動画を公開する目的はいろいろ考えられます。

ご相談いただいたお客様の場合、サイトへの誘導が最優先で、情報提供、ブランディングなども行いたいということでした。

 

youtubeで解析出来る項目

youtubeの右上のアイコンをクリックすると「クリエイターツール」というボタンが出るので、それをクリックするとyoutubeのアナリティクス画面が表示されます。

再生時間、平均視聴時間、視聴回数や、評価の数などの集計を見ることができます。

 

視聴回数をKPIにすれば、単純にyoutubeにアップロードした動画への集客・再生回数・注目度を計ることが出来ます。

ただ、動画への満足度を計るために、動画の総時間のうち何%まで再生されているかというような集計はyoutubeの管理画面上では計算されていません。

 

着目すべき数値

サイトへの誘導を再優先にする場合、youtube上の解析では外部サイトへのクリック数などがカウント出来ないので、

  • 誘導される側のサイトのアクセス解析から集計
  • 短縮URLでのクリック回数の集計

を提案しました。

リファラーが記録されるダイレクトなリンクはサイト側のアクセス解析で、リファラーのつかないものは短縮URLでクリック数を数えるという形で、KPIを設定。

動画更新の評価を継続的に分析していきます。