コンテンツマーケティングを自社で行いたい

サイトのリニューアルに際し、コンテンツマーケティングを自社で行っていきたいという企業様からご相談をいただきました。

SEO効果も出れば、広告費をかけずに集客出来るコンテンツマーケティングですが、導入前に考えておかなければならない点が何点かあります。

1.どんなコンテンツを作っていくのか

2.コンテンツマーケティングに必要なコスト、マンパワー

3.リスティング、ソーシャルメディアの広告ではダメなのか

では各項目について見ていきましょう。

どんなコンテンツを作っていくのか

コンテンツを作って、検索エンジンの上位に表示して、無料で集客、という夢のような流れが作れるコンテンツマーケティング。
ですが、どんなコンテンツを作れば集客出来るのか。

自社のサービスに関連した潜在顧客が検索するキーワードで、さらにコンバージョンするワードで上位表示出来るコンテンツが作れなければ、トラフィックは集まっても、事業の成果には結びつきません。

色んなツールを使えば、検索回数の多いキーワード、コンバージョンに結びつきやすいキーワードなどを調べることが出来ますが、その結果をどのようにコンテンツに結びつければ良いか分からない場合が多いようです。

弊社では各種の解析ツールを利用し、現状のサイトとの比較などをしながら、既存コンテンツの修正、新規コンテンツの作成方針などをアドバイスさせていただきます。

コンテンツマーケティングに必要なコスト・マンパワー

リスティング広告やソーシャルメディア広告のように広告費の発生しないコンテンツマーケティングは、効率の良い集客手法と思われる方も多いです。

ですが、キーワードの調査、コンテンツ作成方針策定、コンテンツの制作など、必要な作業も多く、それにかかる人件費も考慮しないといけません。

自社内でライティングスキルの高いスタッフがいれば、比較的安くコンテンツを作成することが出来ますが、そのスタッフ自体にも人件費がかかっているので、工数も考えてコストを検討する必要があります。

外注の優良なライターさんに依頼する場合、一記事数万円~数十万円かかることもあるので、コンテンツ作成のコストはかなり高いものになってきます。

リスティング、ソーシャルメディアの広告ではダメなのか

上記のように、コンテンツマーケティングにもコストは発生します。

自社スタッフで文章を書けない、書いてる時間的な余裕がないと言う場合には、広告を出稿したほうが効率が良いケースも多いです。

また、コンテンツマーケティングは効果が出るまでに一定期間必要なため、早く成果を出したい場合には、広告のほうがオススメです。

コスト、スタッフ、期間など、色んな要素を検討した上で、コンテンツマーケティングを導入するか判断する必要があります。

 

今回、ご相談いただいたケースでは、時間的にもスキル的にも社内でコンテンツを制作出来る体制であるため、コンテンツ作成の方針策定、効果検証を弊社で請け負わせて頂く形になりました。

ご興味のある方はお問い合わせいただければと思います。